特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い

納得する女性

特別養護老人ホームは社会福祉法の65歳以上の者で身体上または精神上著しい障害がある為に常時介護を必要とする者と、居宅に置いて適切な介護を受けることが出来ない困難な者を入所させる施設で、公益法人が運営する施設です。

 

費用は有料老人ホームとは違い、負担能力に応じて支払い額が変わってきますが、低賃金で利用することが可能です。そして特別養護老人ホームは終身利用する事が出来ます。低賃金の為待機者が多く、施設へ入所するにも何年待ちと言われています。

 

一方有料老人ホームは生活サービスを提供する事を目的に運営されています。民間事業者が経営する事が出来ます。そして介護付き・住宅型・健康型の3つのタイプの有料老人ホームに分けられます。入居一時金もホームによって差はありますが、基本高額ですので、それなりにお金が必要となります。

 

その為接客を含めてのサービスは特別養護老人ホームより優れているのかもしれません。特別養護老人ホームももちろんお客様としての対応を行ってはいますが、現実に業務に追われてバタバタしている印象があります。

 

生活空間にゆとりを感じられるのかもしれません。施設によって職員の質の違いはあるとは思いますが、有料老人ホームの方がやはり高額な金額をお支払いして利用されていますので、それに見合ったサービス提供を行わないとクレームがくるのも当然のことだと思います。

 

最後に特別養護老人ホームも低賃金ではありますが、個室利用やユニット型などは支払いが4人部屋と比べて変わってくる事を知っておく必要があるのではないかと思います。

介護施設検索サイトのご紹介

有料老人ホームを調べるなら検索サイトが便利なのは知っていますか?
全国各地の介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームの介護や医療体制、月額費用などの詳細を調べる事ができ、資料請求ももちろんできます。まずはあなたの近所の有料老人ホームがどのくらいの費用が掛かるのか調べてみてはいかがでしょうか。

当サイトではトップページにて登録数が多い介護施設検索サイトをランキング形式で紹介しております。

>>有料老人ホームを探しにトップページへ<<