軽費老人ホームとは?

女性の画像

老人ホームには様々な種類があります。
それぞれ利用に関しては条件があり、かかる費用も大きく異なります。

 

有料老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、特別養護老人ホームなどがよく見るものだと思いますが、軽費老人ホームという老人ホームがある事はご存知でしょうか?

 

軽費老人ホームは、ある程度自分で自分のことはできているけれど、老化に伴う身体の機能の低下によって、思うように動くことができず、介護までは必要ないが、日常生活や、自宅での生活に不便があり、身寄りがないことから不安を感じる人が入居することができる施設です。
事情により、家族と住むことができないという人も入居の対象になります。

 

それから、軽費老人ホームに入居するためには60歳以上であることが定められています。(夫婦で入居を考える場合はどちらかが60歳以上であれば入居ができます)さらに、施設での生活に使う費用が35万円以下であることも条件とされています。

 

これらすべての条件をクリアしていれば入居できるのが軽費老人ホームです。
軽費老人ホームは具体的にはどのような施設なのでしょうか。

 

軽費老人ホームはいくつかの種類があります。
食事のサービスがあるA型、食事は自分で用意しなければいけないB型、

 

必要なときは介護保険を使ったサービスが受けられるケアハウス型の3種類があります。
軽費というように、比較的安い価格で入居できるのが軽費老人ホームの特徴でもあります。
(なかには無料の施設もあります)

 

近年は都市型軽費老人ホームも増えてきました。
都市に住んでいる人が、そこを離れずに暮らすことができるようにと便利な場所に建てられているのが特徴です。
体に不安があるが、介護までは必要ないという人は経費老人ホームを選択するという方法も検討されてはいかがでしょうか。

介護施設検索サイトのご紹介

有料老人ホームを調べるなら検索サイトが便利なのは知っていますか?
全国各地の介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームの介護や医療体制、月額費用などの詳細を調べる事ができ、資料請求ももちろんできます。まずはあなたの近所の有料老人ホームがどのくらいの費用が掛かるのか調べてみてはいかがでしょうか。

当サイトではトップページにて登録数が多い介護施設検索サイトをランキング形式で紹介しております。

>>有料老人ホームを探しにトップページへ<<